存在しない女たち

しない たち 存在 女 しない たち 存在 女 しない たち 存在 女

自分を自分以外の宇宙とつなぐ連帯が呑みこめると、そのとき困難は後じさりしただけなので、つぎに私は「なぜ宇宙は存在するか」を知ろうとする。 聖アウグスティヌス『告白』服部英次郎訳、岩波文庫、1976年12月16日改訳、p110-p113• 著者は、日常生活、職場、(商品や建物の)設計、医療、市民生活、災害、と章を割いて、女性の姿が、あらゆる側面でいかに想定されていないか、存在していないか、を綿密に明らかにしていく。

空界もなかりき、その上の天もなかりき。 前者に対し「あらゆることにがある()。

社会に存在しないことになっている私たちのための実用書――キャロライン・クリアド゠ペレス著『存在しない女たち 男性優位の世界にひそむ見せかけのファクトを暴く』|Web河出

しない たち 存在 女 しない たち 存在 女 しない たち 存在 女

カントによる批判 理性で扱える問題ではない [ ] ( - )。

20
あの日、世界はこんなにも、はっきりとしているのかと感動した。 というのは、この場合すべてのものごとは変わってしまい、あたかもそれがいまはじめてわれわれの周囲にあるかのごとくになり、われわれはそれがあり、しかもそれが現にあるとおりにあると考えるよりも、むしろそれがないのだと考えるほうがかえって考えやすいような気がするからである。

存在しない女たち

しない たち 存在 女 しない たち 存在 女 しない たち 存在 女

存在するものすべてに原因がある; 時間と空間が存在する; よって時間と空間は、時間と空間の外部のものに原因を持つ; 時間と空間を超越していて、かつそれらを生み出す力を持つのは、神のみである。

カントの批判は以降の哲学の歴史に大きい影響を与え、以降ライプニッツが行ったような形の議論は哲学の中から消えていく(神学の中で生き残る)。 自存力(本能、女性力)は下に、許容力(男性力)は上に。

社会に存在しないことになっている私たちのための実用書――キャロライン・クリアド゠ペレス著『存在しない女たち 男性優位の世界にひそむ見せかけのファクトを暴く』|Web河出

しない たち 存在 女 しない たち 存在 女 しない たち 存在 女

— 哲学者: 2009. に関する問いであることから「 存在への問い(The question of being)」とも言う。 口にすると、周囲から「そういうものだから。 実際に徒歩とか公共交通機関によって移動してるのはどの国でもほとんど例外なく女性が多いと。

私はこの錯覚を消散させようとこころみてきた。

“性欲スイッチ”が入らない女たち―「実は知らない性の話」を専門家が解説【産婦人科医 宋美玄・麻美ゆま他】

しない たち 存在 女 しない たち 存在 女 しない たち 存在 女

そのため日本語圏で育ってきた人が欧米の研究者などが書いている文献などを読んでいると、しばしばいったいなぜこういう形で議論が展開していくのかという点が分からなくなることがある。 もし「何もない」のであれば「なぜ何かがあるのか?」などという問いは意味を持たなくなることから、答える必要もなくなる。 「なぜ何もなかったのではなく、の法則にしたがって揺らぐような真空があったのか」、もしくは「なぜ量子力学の法則などというがあったのか」こうした形に問いが置き換わるだけである。

Photo by from Flickr みなさん、クリ愛撫は好きですか? クリトリス(陰核)、それは女性の性感帯の筆頭としてとしてよく挙げられる部位です。 しかし誰が毒矢を打ったのであれ、どんな弓を使って打ったのであれ、真っ先になすべきことは毒矢を抜いて医者による治療を受けることである。

クリトリス絶対説、崩壊!! クリが感じない女性たちの存在

しない たち 存在 女 しない たち 存在 女 しない たち 存在 女

この創造はいずこより起こりしや。

19
また物理的宇宙の振る舞いについての理解を深め、人類に多大な恩恵をもたらすことに寄与してきました。

楽天ブックス: 存在しない女たち

しない たち 存在 女 しない たち 存在 女 しない たち 存在 女

そうなるとライプニッツがの部分で用いた核となる前提、神があらゆる側面について最上級の性質を持つという前提は成り立たなくなる。 解答することが著しく困難であることから「 存在の謎」(The riddle of existence)とも言われる。

18
実力社会っていう風に言われる社会とはいえ、いかに男性が下駄を履かされているかっていうのを、この特集だったり、今紹介した『存在しない女たち』っていうのは解き明かしていくんですね。

楽天ブックス: 存在しない女たち

しない たち 存在 女 しない たち 存在 女 しない たち 存在 女

「 なぜ世界があるのか?(Why is there a world? 哲学者たちが「何かが存在する」といった一見奇妙な表現をキーワードとして使用していることには、それなりに理由がある。

7
— ゴットフリート・ライプニッツ 1714年 「理性に基づく自然と恩寵の原理」、山内志朗訳 (強調引用者) ライプニッツによる神学的解答 [ ] ライプニッツはここで二つの問いを立てている。 — (2007年)「黙って計算しろ("Shut up and calculate")」 加えてテグマークは、もしこの宇宙の様々なパラメータが、可能的な宇宙全体の中で、生起頻度の高い状態(いわばありがちなもの)であるならば、この理論は経験的にも確証され得るもの、つまり科学的な理論としても捉えることが可能なものかもしれない、と主張している。