鏡開きでぜんざい!理由は小豆が関係してる!?

ぜんざい 鏡開き ぜんざい 鏡開き ぜんざい 鏡開き

もともと全国的に松の内は元日~15日までとされており、約2週間は年神様が鏡餅を依り代にしていました。

12
固くなった餅を切ることなく小さくするのは大変ですが、カチカチに乾燥した鏡餅を少しずつ叩き、ヒビが入ってから勢いよく叩くとはじけるように割れます。 新たな年の無病息災を願って 鏡餅を美味しく食べたいですね。

正月に鏡開きのぜんざいはいつ食べる?由来と共に意味を解説

ぜんざい 鏡開き ぜんざい 鏡開き ぜんざい 鏡開き

関西では 小豆の粒が残った餡の 汁気があるものをぜんざいと言います。 鏡開きでお餅をぜんざいにして食べるのは、武家の習慣が今に続いているのが由来ですが、そんな所にも武士の伝統が残っているんですね。 そして、鏡餅をおしるこでいただく意味は、 小豆の魔除けの力が関係あるためですが、小豆であればなにもお汁粉でなくても ぜんざいでいただいても良さそうです。

9
お正月の間に歳神様にお供えした鏡餅には、神様の力が宿っているので、その力を授かって、1年を健康にすごせるようにという意味があります。 餅を切り分ける手間がはぶけて、便利です。

2021年の鏡開きの日にちはいつ?関東と関西の違い・行事の意味について

ぜんざい 鏡開き ぜんざい 鏡開き ぜんざい 鏡開き

関東では、もともと松の内は1月15日までで、鏡開きは1月20日に行われていましたが、江戸時代の徳川三代将軍家光が4月20日に亡くなったことから、徳川幕府のお膝元である関東では月命日の20日を避けたことで、1月11日が鏡開きになったと言われています。 鏡開きの日にお餅を全部食べないといけないわけではありませんから、残った分を後日少しずつ食べてもいいですよ。 「鏡開きした鏡餅はぜんざいで食べることが多いけど、どんな意味や由来があるの? 源氏物語にも登場していますが、鏡餅がお正月に供えられるようになったのは、室町時代以降のことだと言われています。

鏡開きのときのお餅の割り方(正式には『開き方』)ですが、包丁を使うのは切腹を連想させるのでタブーとされています。 おしることぜんざいの違いは? おしること似ている食べ物に、ぜんざいがあります。

鏡開き ~ぜんざい~

ぜんざい 鏡開き ぜんざい 鏡開き ぜんざい 鏡開き

「小豆が魔除けになる」は、 古くは中国からの風習が日本に伝わったものだそうです。

12
文明の利器というやつですね! おわりに さてここまで鏡開きの日のぜんざいについて調べてきましたが、いかがでしたか? ではわかりやすいように まとめてみたいと思いますのでご覧ください。 由来のもとは小豆にある 小豆という食材は、お祝い時だけではなく、吉凶共に儀礼や節目の料理に使われてきました。

1月11日は鏡開き!おしるこ・ぜんざいは関東と関西で違う―1人前なのに2杯出てくる「ぜんざい」|「マイナビウーマン」

ぜんざい 鏡開き ぜんざい 鏡開き ぜんざい 鏡開き

そのため、粒あんでなくこしあんを使うようにオススメしています。

14
1月11日鏡開きの日、施設ではぜんざいをご利用者様、 デイケアの利用者様や職員にも全員にお配りします。 赤色は邪気を払い厄除けの力があると考えられており、例えば小豆を使った赤飯は様々な行事食に広がっていきました。

「鏡開き」で無病息災。「おしるこ」と「ぜんざい」の違いは?|日々の便り|【二十四節気・七十二候・節供・年中行事】暮らし歳時記

ぜんざい 鏡開き ぜんざい 鏡開き ぜんざい 鏡開き

お正月の間、飾っていた鏡餅を下げて食べる風習ですね。 それに、小豆の魔除けは、鏡開きと直接関係するものではないため、 別と考え、お雑煮など小豆を使わない料理でいただくのもアリだと思います。 「ぜんざいじゃないの?」という声が聴こえて来そうですが、関東と関西ではその概念が異なるため、一般的にはお汁粉という表現を使っています。

15
「ぜんざい」は汁気がない餡にお餅や白玉を添えたものになります。