フォワード(いすゞ)の中古車(121~150件目)

フォワード いすゞ フォワード いすゞ フォワード いすゞ

(昭和46年)、D500型エンジンを125psから130psにパワーアップ。 ガソリン• また、AUTOMATICロゴが装着された。 ローダウン• リフトアップ• そのため、燃焼ガスが漏れてインジェクタ取付ボルトが緩み、振動が大きくなって当該ボルトが折損し、エンジンが停止して走行できなくなるおそれがある。

横断歩道におけるトラックと通行人の接触事故を避けるうえで、欠かせない機能が揃った。

フォワード(いすゞ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

フォワード いすゞ フォワード いすゞ フォワード いすゞ

愛称はの弟分としての 840(ハ・シ・レ)が与えられた。 パワーシート• フォワード・カーゴ• 全車に助手席セーフティーウィンドウを標準装備。

3列シート• メッキパーツ・外装パーツ メッキパーツ• いすゞ自動車は21日、中型トラック「フォワード」を改良し、交差点の右左折時に横断歩行者を検知して警報を発する「交差点警報」と、衝突回避をサポートする「プリクラッシュブレーキ」を搭載した、と発表した。 (02月26日)• (昭和54年)、マイナーチェンジ。

フォワード(いすゞ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

フォワード いすゞ フォワード いすゞ フォワード いすゞ

(車種の特徴およびカタログ情報は、2017年11月時点での情報です). (02月26日)• 1997年(平成9年)、をFSRに追加。 (02月26日)• ミュージックサーバー• 2011年(平成23年)、東京都からの使用に関する指摘をうけ、最新の排出ガス規制に適合するフォワードの出荷を停止。 通常の歩行者検知機能も備えており、通行人との接触を避けるためにプリクラッシュブレーキが自動で動くしくみだ。

19
ステーションワゴン• フロントグリル上にデザインラインを追加。 従来のオルガン式エアが、と同様の上吊り式(いわゆるプロコントロールペダル)になった。

いすゞ自動車/「フォワード」を改良、交差点警報を搭載 ─ 物流ニュースのLNEWS

フォワード いすゞ フォワード いすゞ フォワード いすゞ

その他、ラジエーターグリルおよびステアリングホイールのデザインを変更した。 USB入力端子• (平成14年)、一部改良。 (平成2年)マイナーチェンジ。

15
また、、車間ウォーニング、 LDWS(車線逸脱警報)、IESC(電子式車両姿勢制御システム)を全車(全駆、CNG車を除く)に設定した。

フォワード(いすゞ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

フォワード いすゞ フォワード いすゞ フォワード いすゞ

2PG-FRR90S2型 写真はGVW8トン車 ダンプシリーズ• (平成19年)登場。 レーンアシスト• FRR(4 t)• 又、フォワードに比べ廉価であった事から、や、レンタカー会社等で保有されていた。 (41年)5月、いすゞは、(〈昭和39年〉に初代発売)、三菱重工業(現、〈昭和40年〉にT620発売)に続いて初の中型トラック・TY型を発売した。

2
不具合の件数は149件、事故はなし。 (昭和63年)、マイナーチェンジ。

いすゞ、フォワード など8万6000台をリコール…走行不能となるおそれ

フォワード いすゞ フォワード いすゞ フォワード いすゞ

ボディタイプ• サンルーフ• ミュージックプレイヤー接続可• シートヒーター• (平成11年)、マイナーチェンジ。 フルエアロ• (02月26日)• 歩行者検知機能も充実させて安全性を高めている。 (03月01日)• やにも同様に2トン車のキャブを載せたモデルが存在した。

11
(昭和53年)、のSCS330型とSCS370型を追加。 安全性能の向上が図られ、交差点警報、先行車発進お知らせ機能、ふらつき警報を一部車型を除いて標準装備した他、プリクラッシュブレーキについても歩行者検知機能が追加された。

いすゞ自動車/「フォワード」を改良、交差点警報を搭載 ─ 物流ニュースのLNEWS

フォワード いすゞ フォワード いすゞ フォワード いすゞ

ヘッドライトウォッシャー 安全装置• スーパーチャージャー 国内• 今回の改良では、国内の中型トラックとしては初となる交差点警報を搭載。 また、安全機能として、ミリ波車間ウォーニング、プリクラッシュブレーキ、 車線逸脱警報、電子式車両姿勢制御システムをCNGおよび全駆を除き、全てのクルマに設定されています。

18
(平成22年)、マイナーチェンジ。 完成ウイング車「Fカーゴ」設定。