パンフレット・手引|国税庁

所得税 納付 書 書き方 源泉 所得税 納付 書 書き方 源泉 所得税 納付 書 書き方 源泉

上記の場合はそのまま13,090円です。

11
このため、消費税が請求書等で明確になっていることから、消費税部分について源泉徴収をおこなっていない場合等につきましては、「 消費税を控除した報酬・料金の金額」を記載します。

【源泉所得税 納付書の書き方】令和への対応 年度や区分など

所得税 納付 書 書き方 源泉 所得税 納付 書 書き方 源泉 所得税 納付 書 書き方 源泉

従って、上図の納付書の場合には、「毎月の給与に係る源泉所得税 + 賞与に係る源泉所得税 - 年末調整超過額」で計算した「85,474円」が納付すべき源泉所得税として、本税と合計額に記入されます。 ) このことから、源泉徴収が必要であるか否かが明確に把握でない場合で、かつ、継続的に報酬の支払がある場合や報酬金額が多額となる場合には、 報酬支払者の税務リスクを考慮して、 報酬支払先の合意を得て、源泉徴収を行う場合も多くあります。 整理番号:税務署から通知される整理番号を正しく記載する• 原則として納期の特例を受けるには月間従事者数が9名以下でなければなりません。

13
これから単発でも税理士さんに依頼したいという方の為に補足しますが、全国に10万を超える税理士さんがいますが、まだまだ「ネット事業に不慣れな税理士さん」がいるのも事実です。

「所得税徴収高計算書」の概要と源泉所得税の納付方法および注意点

所得税 納付 書 書き方 源泉 所得税 納付 書 書き方 源泉 所得税 納付 書 書き方 源泉

役員賞与の欄は、俸給・給料等と一緒になります。

)を引き続き使用することができます(注)。

源泉所得税の納付書への記入方法

所得税 納付 書 書き方 源泉 所得税 納付 書 書き方 源泉 所得税 納付 書 書き方 源泉

上記図を参考に書いてみてください。 源泉徴収税納付書(領収済通知書)の納付期限/納付場所/延滞税 フリーランスの方への支払いに関する源泉徴収税納付書は、正式名称は「領収済通知書」と言います。

19
この届出書を提出した場合には、その提出した日の属する納期の特例の期間から所得税法第216条に規定する納期の特例の承認の効力が失われます。

納付書の記載のしかた(報酬・料金等の所得税徴収高計算書)|国税庁

所得税 納付 書 書き方 源泉 所得税 納付 書 書き方 源泉 所得税 納付 書 書き方 源泉

ネットに不慣れな税理士さんに依頼してしまうと、「これはどんな作業になるのですか?なぜこれはこうなっているのですか?」など質問されることが多く、こちらが対応にかかりっきりになってしまう場合もあります。 不明な場合は所管税務署に問い合わせるか、記載がなくても受け付けてはくれます。

12
(ただし報酬の10%が税金の前払とされることから、若干資金繰り面での不利益は生じます。

源泉所得税の納付書の書き方と記入例【半年ごとに納付する納期の特例の場合】

所得税 納付 書 書き方 源泉 所得税 納付 書 書き方 源泉 所得税 納付 書 書き方 源泉

税務署へ希望すれば納付書を郵送してもらうことも可能です。 特例的な納付方法を採用するには、所定の届出書を提出する必要があります。 違いは、同上の支払確定年月日です。

11
年2回納付する方法(納期特例分) 通常の納付方法は、毎月納付する方法(以下、一般分)になります。

パンフレット・手引|国税庁

所得税 納付 書 書き方 源泉 所得税 納付 書 書き方 源泉 所得税 納付 書 書き方 源泉

所得税・住民税・社会保険料の控除前の金額になるので注意しましょう。 延滞税があるならば本税に延滞税をプラスして記入します。 給与の支給人員が常時10人超となるなど、源泉所得税の納期の特例の要件に該当しなくなった場合は、「源泉所得税の納期の特例の要件に該当しなくなったことの届出書」を提出することが必要です。

11
上記2. 本税:「税額」の項の合計を計算して記載する• 年月を記入します。 「ホステス、コンパニオン等の報酬・料金」を支払った場合 「 ホステス、 コンパニオン等の報酬・料金(第204条第1項第6号)」を支払った場合には、「 給与を支払っていない個人事業者等」であっても「 源泉徴収義務者」 となります。

納付書の記載のしかた(報酬・料金等の所得税徴収高計算書)|国税庁

所得税 納付 書 書き方 源泉 所得税 納付 書 書き方 源泉 所得税 納付 書 書き方 源泉

年度:納付年度を記載します。 役員報酬30万円と給料30万円を、6か月分 6回 払っているので360万円とします。

13
(例:1月~12月までの間、 毎月税理士報酬を支払っている場合には、年度前半分は、「 6」、年度後半分は「 6」となります。 納期等の区分よりも、少し詳しく書くと思っていただければ良いです。