同人誌違法アップロードサイト「同人あんてな」を作家が訴えた裁判が決着 サイト運営者はVTuber「ゲーム部」にも関与 [ひよこ★]

サイト 同人 あんてな サイト 同人 あんてな サイト 同人 あんてな

裁判を担当したのは、 電羊法律事務所の平野敬弁護士。 現状、海賊サイトに自分の作品を転載されても、ほとんどの人が何もできず、泣き寝入りしているというのが実情ですが、泥棒に遭ったら普通は警察を呼びますよね。 2019年にお伝えした「同人誌まとめサイト『同人あんてな』に同人作家が1000万円請求 香港企業装い運営か」の続報。

10
なお、その後の調査でより直接的に運営に関わっていた人物を突き止めることができたため、このときの被告とは和解し、新たにその人物(れそ氏とはまた別の人物)を被告とする訴訟を起こしたそうです。 経歴は? 上西氏の経歴がこちらです。

同人誌違法アップロードサイト「同人あんてな」を作家が訴えた裁判が決着 サイト運営者はVTuber「ゲーム部」にも関与 (2021年2月8日)

サイト 同人 あんてな サイト 同人 あんてな サイト 同人 あんてな

現役で「ぷよぷよ通」の全国ランキング10位のゲーマー。 2019年に伝えられた、 「同人誌まとめサイト『同人あんてな』に同人作家が1000万円請求 香港企業装い運営か」の続き。

225• 自社メディアを2カ月で1000万PVまで急成長させたのち、 事業譲渡。 ちなみにれそ氏といえば、元「ぷよぷよ」の有名プレイヤーで、2016年には「ぷよぷよ」のプロスポーツ化をうたった「マジカルストーン」というゲームをセガに無断でリリースし、大問題に発展したことも(関連記事)。

同人誌違法アップロードサイト「同人あんてな」を作家が訴えた裁判が決着 サイト運営者はVTuber「ゲーム部」にも関与

サイト 同人 あんてな サイト 同人 あんてな サイト 同人 あんてな

1020• 865• なお、その後の調査でより直接的に運営に関わっていた人物を突き止めることができたため、このときの被告とは和解し、新たにその人物(れそ氏とはまた別の人物)を被告とする訴訟を起こしたそうです。 同人誌違法アップロードを訴えた結果、意外な「運営者」が浮かび上がる形に…… 同人誌違法アップロードサイト「同人あんてな」を同人誌作家が訴えた裁判が、2020年12月に決着していたことが分かりました。

19
証拠を押さえる前に騒ぐと、相手側に証拠隠滅のチャンスを与えてしまうことになります。

同人誌違法アップロードサイト「同人あんてな」を作家が訴えた裁判が決着 サイト運営者はVTuber「ゲーム部」にも関与 (2021年2月8日)

サイト 同人 あんてな サイト 同人 あんてな サイト 同人 あんてな

原告:(海賊版サイトの現状について)僕らが訴えないと何も変わらないと思います。 原告は2018年、自身の作品がサイト「同人あんてな」に無断でアップロードされているのを発見し、著作権を侵害されたとして、サイトの運営者に対し1000万円の損害賠償を求める訴訟を起こしていました。 415• 857• 最終的には和解となり、十分な和解金を得ることができたとのこと。

11
同人誌違法アップロードサイト「同人あんてな」を同人誌作家が訴えた裁判が、2020年12月に決着していたことが分かりました。 裁判=面倒というイメージがあるかもしれませんが、今回、僕は最初に平野弁護士にお願いしただけで、自分はほとんど動く必要がなかったというのはぜひお伝えしておきたいです。

同人誌まとめサイト「同人あんてな」に同人作家が1000万円請求 香港企業装い運営か

サイト 同人 あんてな サイト 同人 あんてな サイト 同人 あんてな

概要を表示 「てな」をが訴えたが、に決着してとが分かりました。 原告は2018年、自身の作品がサイト「同人あんてな」に無断でアップロードされているのを発見し、著作権を侵害されたとして、サイトの運営者に対し1000万円の損害賠償を求める訴訟を起こしていたよう。 ちなみにれそ氏といえば、元「ぷよぷよ」の有名プレイヤーで、2016年には「ぷよぷよ」のプロスポーツ化をうたった 「マジカルストーン」というゲームをセガに無断でリリースし、大問題に発展したことも()。

裁判を担当したのは、電羊法律事務所の 平野敬弁護士。 一番いいのは、画面の横に電波時計を置いて、画面の外からカメラで撮影しておくことです。

同人誌まとめサイト「同人あんてな」に同人作家が1000万円請求 香港企業装い運営か

サイト 同人 あんてな サイト 同人 あんてな サイト 同人 あんてな

最終的には和解となり、十分な和解金を得ることができたとのこと。 一番いいのは、画面の横に電波時計を置いて、画面の外からカメラで撮影しておくことです。

証拠を押さえる前に騒ぐと、相手側に証拠隠滅のチャンスを与えてしまうことになります。 最後に、原告と平野弁護士に今回の裁判を振り返ってもらいました。