スピッツの「ハチミツ」の歌詞の意味は?

意味 スピッツ ロビンソン 歌詞 意味 スピッツ ロビンソン 歌詞 意味 スピッツ ロビンソン 歌詞

これは、道の片隅に捨てられてもなお、呼吸を続け生き続ける猫と恋がうまくいかない自分とを 重ね合わせているのでしょう。 そんな絵が浮かびます。 これらのことを考慮すると、どうやらこれは、亡くなった恋人を追いかけて死を選ぶ男を歌っているのではないかと考えられるのだ。

この二つがスピッツの大きな武器になると考えた笹路さんは、草野さんにこうアドバイスしました。 「本当なら死ぬまで恋も知らないで」 もしかしたら、初恋や初体験の歌なのかもしれません。

スピッツ『ロビンソン』の創作秘話 プロデューサー・笹路正徳スペシャルインタビュー

意味 スピッツ ロビンソン 歌詞 意味 スピッツ ロビンソン 歌詞 意味 スピッツ ロビンソン 歌詞

新しい季節は なぜかせつない日々で 河原の道を自転車で 走る君を追いかけた 思い出のレコードと 大げさなエピソードを 疲れた肩にぶらさげて しかめつら まぶしそうに 同じセリフ 同じ時 思わず口にするような ありふれたこの魔法で つくり上げたよ 誰も触われない 二人だけの国 君の手を離さぬように 大きな力で 空に浮かべたら ルララ 宇宙の風に乗る 片隅に捨てられて 呼吸をやめない猫も どこか似ている 抱き上げて 無理やりに頬よせるよ いつもの交差点で 見上げた丸い窓は うす汚れてる ぎりぎりの 三日月も僕を見てた 待ちぶせた夢のほとり 驚いた君の瞳 そして僕ら今ここで 生まれ変わるよ 誰も触われない 二人だけの国 終わらない歌ばらまいて 大きな力で 空に浮かべたら ルララ 宇宙の風に乗る 大きな力で 空に浮かべたら ルララ 宇宙の風に乗る ルララ 宇宙の風に乗る. というわけで、自由に解釈した結果、 「ロビンソンは後追い自殺の歌なんじゃないか!?」 という解釈もあったりするようです。 そのため「宇宙の風に乗る」という言い回しは、人が亡くなって、生まれ変わること。 初めて聴いたときから「あ、いい曲だな」と思うのに、聴き込めば聴き込むほどに、その奥に潜む違和感に気づき、その違和感が楽曲の魅力になっていくんですよね。

それにしても、誰も触れない国なんだったら、わざわざ宇宙にまで届くくらい空に浮かべる必要なんてないのではないか。 Sponsored Link ロビンソンのMVでは…MAX機嫌が悪いマサムネ君…なぜ? 最後はおまけ。

スピッツ【ロビンソン】歌詞の意味を解説|夢のほとりはどこ? ときのえ

意味 スピッツ ロビンソン 歌詞 意味 スピッツ ロビンソン 歌詞 意味 スピッツ ロビンソン 歌詞

なんか関係あるのでしょうか、曲の方が明らか先にできているので、それを拝借して、とかはあるのでしょうかね、わかんないですけど。

9
奈)(『LOVEsT -Afternoon Remix-』)• タイトルも意味不明ですし。

スピッツ「ロビンソン」歌詞の意味は?解釈と考察!

意味 スピッツ ロビンソン 歌詞 意味 スピッツ ロビンソン 歌詞 意味 スピッツ ロビンソン 歌詞

を世に送り出した最重要人物の一人。

19
2002年 - (『』)• もう答えは見えたも同然である。 早速、「ロビンソン」の歌詞をみてみよう。

ロビンソン スピッツ 歌詞情報

意味 スピッツ ロビンソン 歌詞 意味 スピッツ ロビンソン 歌詞 意味 スピッツ ロビンソン 歌詞

ラブソングにも聴こえるし、確かに恐ろしいことを企てているような歌にも聴こえたり。 「二人だけの国」が意味するもの 「夢のほとり」が表現しているように、ここには川が登場する。 ポコポコいってるヤツね… 音楽、楽器とか全然詳しくないのであまり細かいことはなしでお願いします! シーケンサーがバリ入ってる曲と言えば… 「ひなたの窓に憧れて」 も思い当たります。

だって、君は先にあの世に向かったはずなのだから。

スピッツ ロビンソンの歌詞の意味は?自転車で走るのは僕?君?

意味 スピッツ ロビンソン 歌詞 意味 スピッツ ロビンソン 歌詞 意味 スピッツ ロビンソン 歌詞

この曲で印象的なのが、イントロのギターです。 それは、その片思いしている人が、その好きな人と「うまく進展する物語」を想像しているのかもしれませんね。

では、「ロビンソン」というタイトルが、曲にどのような意味を付加しているのかも意識しながら、歌詞を読み解いていきます。

草野正宗がスピッツの作詞と作曲で...俺は天才?と思った曲は?

意味 スピッツ ロビンソン 歌詞 意味 スピッツ ロビンソン 歌詞 意味 スピッツ ロビンソン 歌詞

これも文章では記録が残ってないかもで申し訳ないんだけど、全部管理人の記憶庫からの掘り出し情報ってことで。 どちらかというと、楽しそうな光景が頭に浮かんでくる。 2009年 - (『』)• その後に続く、2番のBメロの歌詞を、以下に引用します。

13
そもそも、こんなにも君とラブラブなのだとしたら、「なぜか」せつない日々になる必要なんてないのではないか。